2008年11月07日

平成20年度中間報告会を開催します!

 平成20年度に採択された支援対象事業実施団体のみなさんの中間報告会を下記のとおり開催します。

日時:平成20年11月16日(日)晴れ午前10時から
会場:小須戸地区公民館
報告団体
 犬チャレンジ部門「環境自主グループ・エコロ」
 猫ステップアップ部門「小須戸町並み景観まちづくり研究会」

 それぞれの団体が半年間の活動の成果をご報告下さいます。
 みなさん、ぜひ聴きに来てくださいね。わーい(嬉しい顔)
posted by kosudomatisodate at 17:30| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | まち育て支援事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

公開審査会を開催しました!

 平成20年6月15日(日)晴れ小須戸地区公民館で、平成20年度の小須戸まち育て支援事業 公開審査会を開催しました手(チョキ)
 2008_0615200615公開審査会0009.JPG協議会による支援活動も、いよいよ今年が最後の年となりました。
 今回の審査会には、チャレンジ部門に「環境自主グループ・エコロ」さん、ステップアップ部門に「小須戸町並み景観まちづくり研究会」さんがエントリーされました。
 それぞれの団体は、審査員並びに会場に集まった聴衆の皆さんにプレゼンを実施、まち育てにかける熱い想いをアピールしました。

かわいい環境自主グループ・エコロ
◎今年度の目標
 福島潟での自然観察・体験を通して、子供たちから多くの感動の声を聞く。そして今後も地域の活動として継続できることを確認する。
2008_0615200615公開審査会0015.JPG
2008_0615200615公開審査会0019.JPG






家小須戸町並み景観まちづくり研究会
◎今年度の目標
 ・町歩きによる、小須戸の町屋・町並みの良さのPR
 ・町屋町並みに関する講演会の実施。コミ協他団体のイベント企画に参画
 ・フリーで歩け、小須戸に来てもらえるようなマップづくり
 以上を通じて、地元住民と外部への更なるPRを実施する
2008_0615200615公開審査会0021.JPG
2008_0615200615公開審査会0024.JPG






 最終年度ともなりますと審査員の目も厳しく、鋭い指摘、質問がなされましたが、それ以上にエントリーされた皆さんの想いが強く、熱のこもった審査会となりました。
2008_0615200615公開審査会0034.JPG
 厳正な審査の結果、いずれの団体へも支援させて頂くこととなりました。
 今後の皆さんの活動に期待しております。2008_0615200615公開審査会0032.JPG
2008_0615200615公開審査会0033.JPG
posted by kosudomatisodate at 18:46| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開審査会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

あなたのチャレンジ待ってます

〜いよいよ今年が最後のチャンス〜

まち育てプロジェクト大募集!
 

 平成16年度からスタートし、市民有志のサポーターの皆様や旧小須戸町からご協力を頂きながら実施して参りました「まち育て支援事業」も、いよいよ今年が最終年度となりました。
 今年も小須戸地域の元気につながる”まち育てプロジェクト」を大募集しております。どうぞ皆さん、積極的にご申請下さい。
 
1 申請期間…平成20年5月7日(水)〜30日(金)
2 公開審査会…平成20年6月15日(日)10時〜12時30分
3 お問い合わせ・申請先
 『小須戸まち育て支援協議会 事務局』(小須戸商工会 内)
  電 話 0250−38−2560
  FAX 0250−38−2027
 
 詳しくはこちらのファイル(MS-word)をご覧下さい
posted by kosudomatisodate at 15:41| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | まち育て支援事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

町屋散策が紹介されました

 小須戸町並み景観まちづくり研究会が5月11日(日)に実施した町屋散策が新潟日報(5/13朝刊)に紹介されました。
 当日は地域内外から30余名の方々が参加。小須戸の町屋、町並みの素晴らしさをじっくりと堪能されました。
posted by kosudomatisodate at 00:00| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

地域の元気に繋げる成果を報告!!

 去る平成20年4月20日(日)、第1回日本ボケ公園まつりで賑わう花とみどりのシンボルゾーン内うららこすどで、平成19年度の事業を締め括る「成果報告会」が行われました。

DSCF0592.jpg 成果報告会では、この1年間小須戸地域の元気につなげるため、各団体が熱意を持って取り組んできた活動の報告を頂きました。
 以下にご紹介致します。


【ステップアップ部門】
★特定非営利法人 地球環境フォーラム 三輪会
〜生ゴミのリサイクルによる循環型エコタウンを目指す〜
DSCF0599.jpg
 生ゴミの減量について、年間目標の1.8tを半年で達成exclamation×2
 二次製品のバクテリア消臭剤「ナチュラルパックン」の限定100本無料頒布も実施しました。

【チャレンジ部門】
★小須戸町並み景観まちづくり研究会
〜小須戸に残された貴重な町屋、雁木等の存在を認識し、それらが構成する町並みを理解し、次へのまちづくりに向かう〜DSCF0600.jpg

 2回のセミナーや講演会と併せて、町屋散策を実施。小須戸の町並みの歴史的価値、魅力を地域内外に発信し、予想以上の反響を得ました。ぴかぴか(新しい)


★環境自主グループ・エコロ
〜小須戸の子供たちのための自然観察会を開催し、福島潟での合宿、潟舟体験を通じて地域の環境教育を行う〜DSCF0605.jpg
 NPO法人ねっとわーく福島潟の協力も得ながら、栗の実やオニバスの茎を夕食に食べたり、マコモの葉を飛ばしてみたりと、子供たちに様々な自然体験を提供。参加した子供たちからは多くの感動の声が寄せられました。揺れるハート

★小須戸大正琴愛好会
DSCF0606.jpg 月に2回の練習の成果を地域内はもとより町外でも発表。念願のアンサンブルフェスティバルへの出演も果たしました。わーい(嬉しい顔)



 以上、どの団体の活動も、引き続き今後の皆さんの活躍が楽しみな報告会となりました。晴れ
posted by kosudomatisodate at 00:00| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 成果報告会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

思いを胸に 夢を形に! 〜地域デビュー講座開催〜

小須戸まち育て支援協議会では「地域で何かをやってみたい。」という思いを持っている人に向けて、すでに地域で一歩を踏み出した方々をお招きし具体的な話を伺う「地域デビュー講座」を開催します。

3月30日(日)10:00〜

「地域の商売へ…パン屋の思い」

講師 轡田 和人 氏
   ポル・ファヴォール店主(矢代田)
インタビュアー:東村 里恵子(フリーアナウンサー)


4月6日(日)10:30〜

「地域のまちづくりへ…老舗の若女将の思い」

講師 吉川 美貴 氏
   味匠きっ川取締役(村上市)


4月13日(日)10:00〜

「地域のNPOへ…子育てママの思い」

講師 椎谷 照美 氏
   NPO法人「ヒューマン・エイド22」代表(新津)


3日間とも、1時間半の講演終了後に、講演者を囲んだ軽食懇談会(無料)を用意いたしております。

会 場 小須戸地区公民館

参加費 講演・懇親会とも無料

申 込 小須戸地区公民館
    電話 0250−38−2234
    (各回先着30名様)

小須戸まち育て支援協議会が、あなたの夢を形にするお手伝いをいたします。

以上、事務局・加藤でした。

posted by kosudomatisodate at 12:18| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

にいがた地元学 秋葉区活動報告会

「小須戸町並み景観まちづくり研究会」さんが、平成19年度に実施してきた「小須戸の歴史的町並み再発見」の活動報告を、「にいがた地元学 秋葉区活動報告会」で報告します。

・日 時 2月16日(土)10時〜12時

・場 所 小須戸地区公民館 3階
    (入場無料・事前の申込は不要です)

・主 催 にいがた地元学秋葉区活動報告実行委員会・新潟市

・後 援 秋葉区コミュ協連絡協議会

・委員会メンバー
     小須戸小学校区コミュニティ協議会
     小須戸まち育て支援協議会
     小須戸町並み景観まちづくり研究会
     秋葉区政策企画課
     小須戸出張所

・お問い合わせ TEL:0250-38-2378(村井)

ぜひ「知られざる小須戸」を見に来て下さい。

以上、事務局・加藤でした。
posted by kosudomatisodate at 09:37| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

平成19年度忘年会

12月21日に毎年恒例の忘年会が開催されましたビール
今回は相談役の寺尾先生、協議会役員、事務局の他に、今年度の支援団体から「小須戸町並み景観まちづくり研究会」さん、「環境自主グループ エコロ」さん、「NPO法人 地球環境フォーラム 三輪会」さんも参加され大変盛り上がりましたグッド(上向き矢印)
審査会や報告会とは違った意見交換ができ、とても有意義でしたぴかぴか(新しい)

今回は小須戸の「割烹 和泉屋」さんが会場だったのですが、
和泉屋さんの御好意で大変良いものを見せていただきました目

DSC00030-2.jpg
なんとexclamation文政9年(1823年)の小須戸の地図ですexclamation×2

DSC00032.jpg
「小須戸町並み景観まちづくり研究会」さんから解説していただきながら、当時と現在の町並みを見比べました。

DSC00027.jpg
最後は来年度の更なるまち育て活動の充実を誓って記念撮影ですカメラ

それでは皆さん良いお年をぴかぴか(新しい)

以上、事務局・加藤でした。
posted by kosudomatisodate at 16:24| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | まち育て支援事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

「町並みを活かしたまちづくり」

1206semina-1.JPG

1206semina-2.JPG

12月6日(木)に「小須戸町並み景観まちづくり研究会」さんによる第4回セミナーが開催されました。今回は、新潟大学工学部岡崎篤行准教授をむかえ「町並みを活かしたまちづくり」と題して講演をしていただきました。

講演内容は「町並みとは何か」から小須戸のまちづくりを行っていくうえでの具体的な方法まで、順を追って分かりやすく説明していただきましたメモ国の「登録文化財制度」や新潟市の「景観形成推進組織助成金」等、今後継続的な取り組みをしていく上で大変参考になりましたぴかぴか(新しい)他町の事例の中でも話がありましたが、まずは地元の人達の意識を高めていくことが必要だと思います。その為にも今年度のような活動を継続していくことが大事なのではないでしょうか。

以上、事務局・加藤でした。
posted by kosudomatisodate at 14:12| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成19年度 中間報告会

11月17日(土)に、今年度の各支援団体からの「中間報告会」が開催されました。


★NPO法人地球環境フォーラム「三輪会」

2007_1117まち育て中間報告会0011.JPG

【現在までの活動内容】
パイロットプラントから実用プラントへの移行
実用プラントの屋根工事、保温材に支援金を使用
8/ 7 「生ごみ」の試験投入開始
9/16 小須戸小学校区コミュニティ協議会に引渡し
8月処理量:98kg
9月処理量:170kg

【今後の活動】
・地域家庭への広報を通じ「生ごみ」の分別・排出・投入等の協力体制の確保。
・プラントの冬場対策として、内部の温度が5℃以下にならない様に保温する。(予算:10万円)

【反省・悩み】
地域への広報及び告知が遅れた為、プラント設置の意義の浸透が不十分であり、地域家庭の参加が当初予定より遅れている。

今後のテーマは地元の人達だけで運営・維持管理ができるようなシステム作りと人材育成だそうです。コミュニティ協議会等と協力し、この活動が継続していける様なシステムを作っていって欲しいと思います。


★小須戸町並み景観まちづくり研究会

2007_1117まち育て中間報告会0012.JPG

【現在までの活動内容】
地元住民を中心としたセミナーと町歩きの開催
第1回 7月26日(木)商工会館3F研修室 午後7時〜
 「小須戸の歴史的町並み再発見」出席者:19名
第2回 9月 6日(木)商工会館3F研修室 午後7時〜
 「町屋内部の魅力」出席者:21名
第3回11月 4日(日)小須戸本町の町歩き 午前10時〜
 出席者:約30名

【今後の活動】
地元住民を中心とした今年度最後のセミナーの開催
第4回12月 6日(木)商工会館3F研修室 午後7時〜
 「町並みを活かしたまちづくり」
 講師 岡崎篤行(新潟大学工学部准教授)

【反省・悩み】
今後の課題
・地元住民への周知、参加しやすい方法
・町屋、町並みの保全
・町並みと合わせたイベント企画の提案

「まちづくり」という視点でみれば、町屋の保存だけではなく、観光にするのかしないのか等の長期展望が必要ではないかとアドバイスがありました家


★子供大正琴

2007_1117まち育て中間報告会0015.JPG

【現在までの活動内容】
 6月 9日 小須戸地区公民館「まち育て支援協議会審査会」1曲
 8月26日 横川浜集落センター「横川浜秋祭り」3曲
10月28日 石油の世界館「もみじまつり」3曲

【今後の活動】
11月11日 小須戸地区公民館「小須戸地区芸術祭」2曲
 1月27日 イタリア軒「ロマンアンサンブルフェスティバル」
その他施設へ慰問

【反省・悩み】
永年の希望であった新潟での演奏会に向けて準備しております。生徒さん達が学校行事、ミニバス、習い事等の予定が有り、子供大正琴の練習日の日取りに苦労致します。

昨年出来なかった外に向けての活動が出来たのが高評価でしたグッド(上向き矢印)名前に小須戸をイメージできるものを入れれば、外に出たときに小須戸のPRにもなるのではないかとアドバイスがありましたるんるん


★環境自主グループ エコロ

2007_1117まち育て中間報告会0018.JPG

【現在までの活動内容】
◎7月上旬 チラシ作成 7月中旬 小須戸小学校、矢代田小学校を通じて、小学生のいる各世帯へチラシを配布
◎参加申込者との事前学習会(9月9日ふれあい会館、9月22日長谷川宅)
◎9月29日(土)〜30日(日)1泊2日の自然観察会in福島潟を実施。参加人数:子供12名、大人5名

【今後の活動】
3月中旬 生きものカルタで学習会

【反省・悩み】
チラシの配布方法について問題があると思う。来年度も活動を継続する場合、スムースに学校と連携がとれるよう検討の必要がある。

来年以降この活動を広げていくには、今回の自然観察会の報告会を行ったり、報告書を配ったりしたら良いのではないかとアドバイスがありましたメモ

以上、事務局・加藤でした。
posted by kosudomatisodate at 11:36| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まち育て支援事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。